女性が考える「男性の自己紹介文」とは

女性が考える「男性の自己紹介文」とは

女性が考える「男性の自己紹介文」とは

なかなか出会いのない日常生活の中で、手軽にできる恋活として、恋活アプリが注目されています。実際にフェイスブックなどで広告を見つけて、ダウンロードしてみた人も多いでしょう。

初めての恋活アプリ、本当に出会えるのか、どうしたら出会えるのか、不安もたくさんありますよね。

今回は異性の目線から、どんな人が恋活アプリにおいて選ばれるのか、どのようなプロフィールで自分をアピールしていくべきか、述べていきたいと思います。プロフィール作成の段階で悩んでいる人の助けになれば幸いです。

恋活体験
プロフィール作成って、意外と難しい

写真と自己紹介文はどちらが大事なのか?

写真と自己紹介文はどちらが大事なのか?

写真と自己紹介文はどちらが大事なのか、結論から言うとどちらも大切です。

まず、写真がないユーザーはどんなに待っても、どんなにいいねを送り続けても、異性と出会えることは永久にありません。逆の立場で考えてみてください。初めてのアプリに登録してみました。

たくさんの人が登録していて、自分にたくさんのいいねをくれます。その中の一人に写真のないユーザーがいました。あなたならその人のプロフィールを見ますか?

あえて写真のないユーザーを選ぶ理由がありません。適当にとった写真をプロフィール画像に選んでいるユーザーの場合も同じです。自己紹介文を見てもらえることもないのではないでしょうか。

運よく自己紹介を見てもらえて、メッセージのやり取りができたとしても、実際に会うまでに至る可能性は、写真にこだわった場合よりはるかに低いでしょう。

恋愛したい
ネット婚活では、写真のこだわりは非常に重要です。

写真だけではなく自己紹介文を磨き上げる

写真だけではなく自己紹介文を磨き上げる

前述したように写真は大切です。しっかりとこだわって選ぶべきでしょう。しかし、それだけでは不十分です。写真にこだわることで自分のプロフィールを見てもらうことはできるでしょう。

メッセージのやり取りをし、実際に会うためには、魅力的な自己紹介文も必要です。

よほど見た目や経歴に自信があり、文章で自己アピールが必要のないという場合は別。でも、それらにそこまでの自信がない人は、自己紹介文にもこだわることで出会える可能性を少しでも上げる努力が必要ではないでしょうか。

女性目線を取り入れた自己紹介文で出会いの可能性の大幅アップを狙いましょう。

女性は自己紹介文のどこを見ているのか?

では、どのような点に注意して自己紹介文を作成すれば良いのでしょうか。自己紹介文において女性が注目する部分は、文章の丁寧さです。

意識して見ている女性ばかりではないと思いますが、基本的に恋活アプリで活動している女性の多くは真剣な出会いを求めています。

そういった女性は同じように真剣に活動している男性とだけ、会いたいと思っています。もちろん登録した男性も同じはずですが、その気持ちの真剣度は、相手にはわかりません。

適当な自己紹介文では、遊び感覚で登録したと思われるかも。

気持ちを唯一表現できるのが、自己紹介文。真剣さをどのように伝えれば良いかわからない、という人もいるでしょう。

自己紹介文の内容は、見栄を張ったり、話を盛ったりするする必要はありません。嘘偽りのない内容でOK。実際に会ったり、交際に発展した場合、嘘はいずればれます。噓はやめましょう。

興味を引くような内容が入っていなくても、相手に会ってみてもいいかもと思わせることは十分に可能です。いくつか気を付けるポイントをあげますので参考にしてください。

敬語は定番の好感度

敬語は定番の好感度

まず、敬語を使うことです。初めて会った人にため口で話しかける人はいませんよね。自己紹介文をため口で書いている人がいますが、女性にはあまり良い印象を与えません。

誠実さと真剣さをアピールするためにはまず、敬語で自己紹介文を書くことは必須です。

そして、ある程度の長さの自己紹介文を書くことです。長すぎも良くないですが、内容に関わらず、自己紹介文にある程度の厚みがあることで恋活への真剣さをアピールすることができます。

また、ひとつ絶対に入れてほしい項目があります。

それは『相手とどういう関係を築いていきたいのか』です。
一文でも構いません。

こんな恋を探して登録しました、ということを相手に伝えることで真剣さを表現できます。

自己中心的な自己紹介文は印象が悪いです。こんな人がいい、という好みのタイプを明記するのも正直でいいとは思うのですが、それよりも、自己紹介文では二人の関係の理想を伝えるのがベストでしょう。あまり長すぎても重いので注意してください。

男は謙遜しないで強気が良い

男は謙遜しないで強気が良い

最後に内容の確認です。
内容にそこまでこだわる必要はありませんが、気を付けるべきことはいくつかあります。

まず、文章の中にマイナス思考なことが書き込まれていないか、これに注意してください。ネガティブな人と付き合いたい人っていないと思います。

こんな自分でもよかったら」、というような表現はやめましょう。自分で自分をお勧めできないような人を女性は選びません。ここは強気でいってくださいね。

謙遜は不要です。

また、強い口調での『こんな人はお断り!』という表現をしていないかも要チェックです。こんな人は嫌だ、という基準は持っていて構いません。

しかし、強い口調で威圧感を出してしまうと、自分の好みの女性も一歩引いてしまう可能性があります。

いいねが来た段階で、お断りの方には返事をしなければいいだけなのですから、そんなことで出会いの可能性を低くするのはもったいないのではないでしょうか。

良い自己紹介文と、悪い自己紹介文の事例

良い自己紹介文と、悪い自己紹介文の事例

では、実際にどんな自己紹介が良いか、どんな自己紹介が悪いか、見ていきましょう。
これは良い自己紹介の例です。

『プロフィールを見ていただきありがとうございます。男ばかりの職場で新しい出会いもなく、困っていたところ、ここで彼女を見つけたという友達から勧められて登録してみました。普段休みの日は友人と出かけたり、ドライブに出かけることが多いです!

最近運動不足を感じたのでランニングも始めました。美味しいものを食べることもお酒を飲むことも好きなので、メッセージ交換の中で仲良くなれた人がいれば一緒にお食事に行きたいです^^

友達にはよくマイペースだとよく言われますが、あまり自覚はないかもです。自分ではしっかりものだと思ってます!好きな女性のタイプはよく笑う人。お互いを思いやり、大切にし続けられる関係を作れたらと思います。年をとっても手をつないでデートできる夫婦が理想です。もしよかったら、メッセージ交換からよろしくお願いします^^』

では悪い例をあげておきましょう。
敬語を使っていない、真剣な出会いを求めていない内容、は省いて、良く陥りがちな内容のものを選びました。これはやりがちだけど、絶対にしない方が良い、と前述したことを盛り込んだプロフィールがこちらです。

『ども!こんにちは☆彡○○住みです!
暇だったのでなんとなく登録してみました!休みの日はこれと言って趣味もないので適当に飲みに行ったり家でゴロゴロしてます~~好きなタイプは目が大きくて細い子です!新垣結衣さんみたいな彼女欲しい(笑)

とりあえず飲みにでも行きましょう♪』

恋活体験
なるほど!
良い例と悪い例かー!

まず登録のきっかけです。これはできればあった方が良いです。

どんな気持ちで登録したのか、書いておくと良いでしょう。フェイスブックで見つけて、でも大丈夫ですが、真剣に恋人を探していることをしっかりと伝えましょう。

恋活体験
きっかけを書くと、相手の共感を引き出せます。

趣味や爽やかさの演出も忘れずに!

趣味や爽やかさの演出も忘れずに!

そのあとは趣味です。
今回は良い例では無難なものを選びましたが、インパクトを与えられるものだとより良いですね。ただし、女性があまり好まなさそうなギャンブル等は控えましょう。

趣味は無くても何かしら好きなことを書いておく方が無難です。何もないです、では興味を持つきっかけがなくなってしまうし、女性側がお話ししたいと思いません。

そして次はやり取りの後の関係です。
食事に行ってみたい、カフェでお茶したい、等と具体的に書いておくと、メッセージのやり取りの後、スムーズにお誘いできるのではないでしょうか。とりあえず、等のいいかげんさを連想させるような表現は間違ってもしないでください。

性格についても書いておくと良いです。内容としては優しそう、爽やか、という印象を与えるようなものが良いでしょう。最後に、好きな女性のタイプと、理想の関係を記入すれば完璧です。

理想のタイプは、間違っても『こんな見た目の子』や『清楚な子』等と書かないように注意してください。

誰にでも当てはまりそうな内容にしておくことで、門を広く開けておくことができますし、何よりも印象が良いです。女性の意見として、見た目のタイプを書いてしまうのはとても印象が悪いことを覚えておいてください。

逆に『身長は180cm以上がいいです』や『年収1000万の方がいいです』なんていう女性がいたとして、自分が身長180cm以上でも選びたくないでしょう?同じことです。

そして二人の関係を連想させる内容を入れます。ここでプロフィールで伝わる真剣度がグッとアップします。

男性自己紹介文に関するまとめ

以上、女性目線から男性のプロフィールを考えてみました。

悪い例は極端でしたが、基本的には爽やかで優しそうな印象を与えるプロフィールで、出会いへの真剣さを伝えられる内容であれば間違いないでしょう。

一度自己紹介文を書いてみた後に、フラットな目線で読み返して、悪い印象を受けなければ大丈夫でしょう。自己紹介文によって会える確率は大きく変わるということを頭において、丁寧に仕上げることがポイントです。

ネット婚活なら簡単に出会える

ネット婚活なら簡単に出会える

彼氏が欲しい・彼女がほしい、と思っていても中々行動に移せない、勇気がない・恥ずかしいと感じている方は多いでしょう。

しかし、ネット婚活であれば「匿名性」が高いため、奥手のあなたでも積極的になれるチャンスです。積極的にアプローチできれば、誰もが恋愛を望んでいる「恋活アプリ」なら、すぐに恋人が出来るでしょう。

いままで利用しなかった事を後悔するほど、あっけなく簡単に彼氏彼女ができてしまう人が続出