Omiai体験談:プロフ写真枚数と自己紹介文を増やしてマッチングが増えた!

Omiai体験談:プロフ写真枚数と自己紹介文を増やしてマッチングが増えた!

Omiai体験談:プロフ写真枚数と自己紹介文を増やしてマッチングが増えた!

年齢は25歳、体型は運動をしていたので筋肉質、当時は不動産経営を個人でしていて、住まいは山梨県でした。

・恋愛観
頼りががあって甘えられるような、年上の男性が好きです。

ただ、付き合い始めると独占したくなってしまいますし、彼氏にも私を独占してほしい!もっと尽くしてほしい!

たくさん愛情表現してくれないと、本当に私のことが好きなのか分からないし、元カノのことを忘れてほしいと思うタイプ。

そう、いわゆる「恋愛依存タイプ」で、面倒くさい私の性格が重いと感じて、歴代彼氏は去っていきました…。

恋活にOmiaiアプリを使った理由

恋活にOmiaiアプリを使った理由

①業者排除を徹底していて、高収入の男性が多いと口コミで知った
②公式サイトで結婚しているカップルが紹介されていた

高収入の男性が多いというのも、やっぱり大事なポイントですが、やっぱり業者がいないことと、本当に結婚しているカップルがいるということで安心して始めることができました。

恋愛したい
やっぱり男性選びは、高収入スペックに目が行ってしまいます。。。

私が絶対に譲れない男性の条件

年齢は30代くらいで、年収が500万円以上。
毎月貯金している安定的で堅実な人で、結婚歴がないというのが4つの絶対条件がありました。

実は、一度お付き合いする寸前までの関係になった男性がいたのですが、バツイチで元奥さんとの間に子供がいる人だったんです。

恋活体験
うわ、これは。。。

今までそのことを話してくれていなかったことも、もちろんショックだったのですが、毎月養育費を元奥さんに支払っているのと、学生時代にした借金を返済しているみたいで、毎月貯金ができないくらいお金に困っていました。

見た目や人柄は良いと思っていて好きになりかけていただけに、物凄くショック。マッチングしたいからって、嘘つくないよ、と思いました。そこに投入した時間、お互いに無駄になるじゃないか、っと。

恋活体験
せっかく積み上げたものが崩れるのは、本当に虚しい気持ちになります。

こうだといいな、という男性条件

①私が山梨県に住んでいたので山梨県、もしくは近隣の都道府県に住んでいる人。

②何日も連絡を無視されると、私は色々と心配になってしまい、何件もメッセージを送ってしまうのでマメにメッセージを送ってくれる人

③あまりにも人気な男性だと、相手にしてもらえなさそうなので、Omiaiで異性からもらっているいいね!の数が10いいね!以下の人

という3つの、「こうだといいな」という条件がありました。
絶対条件ではないですが、迷ったときには「こうだといいな」の条件が力を発揮しますので、あらかじめ心に決めておいたほうが良いでしょう。

マッチする男性がいるのかアプリ内検索で確認してみた

マッチする男性がいるのかアプリ内検索で確認してみた

本当に、細かく条件を設定して、条件に合う男性がヒットするのかどうか疑問に思ったので、一度4つの絶対条件と3つのこうだといいなという条件で検索してみました。

条件に合う男性は40人くらいヒット!

「マッチ度」と言って、検索した条件に、その男性が何%マッチしているのかの確認ができて、とても見やすいなと感じました。

この検索で多くの男性がヒットすると、恋活のテンションが上がります!

まずはいいね!を送ってみる

いいね!をしない限り、自分が良いと思う条件の男性とは出会えないので、積極的にいいね!していきました。

特にいいね!は余らせておいてもしょうがないと思うので、ドンドン使っていった方が良いです。つまり、行動することで、恋活運を引き寄せるイメージです。

恋愛したい
ネット恋活は、自分からアプローチしないとダメですよね。待っているだけでは、興味ない男性からの「いいね」しか来ませんから。

なかなかマッチングできないジレンマ

Omiaiを初めて1日でに、自分から7人にいいね!して、2人の男性とマッチングしました。

マッチング1人目のお相手は36歳の年収500万の会社員。

爽やかな見た目で、焼肉好き!
付き合ったらマメに連絡して、彼女を大事にするタイプだと自己紹介に書いてあり、即いいね!し返してマッチングしました。

2人目は31歳の年収500万以上の消防士。
職業の割には細身で、ラーメンが好き。

穏やかそうな人柄が写真を通して伝わってくるのですが、今まで女性で苦労してきたようで…私もそのうちの一人の女性になってしまうんじゃ…と不安に思いました。

ちょっと悩みましたが、いい人そうだったのでマッチングしてみました。

恋愛したい
この方とは、お付き合いしていません。

それ以降は、足跡は1日40人くらいから来ていたのですが、中々いいね!は来ないし、マッチングできないしで落ち込みました。

マッチングできない理由を考えたのですが、まだ無料会員の状態でメッセージを送ることができないか、私の顔や性格、自己紹介に良いなと思わなかったのでしょうかね…。

こうしたらマッチングが増えた!

こうしたらマッチングが増えた!

同性(女性)の会員でどんな子が人気なのか調査してみることにしました!
良く言えば参考に、悪く言えばパクらせてもらうことで人気の会員に近づけるのでは?と期待して見てみることに。

恋愛したい
男性用アカウント登録し、女性ユーザーをリサーチしたということです。
つまり、女性用(本当に使っている)と男性用(リサーチ用)と、2つのアカウントを保有。アプリでは2つを使えないため、男性用はブラウザでログインしました。
恋活体験
そこまでして、恋活マッチングを極めるとは!

いいね!が100以上ついている女性は、みんな顔が可愛い!!
女子力高そうな女性ばかりです。
ただ、見た目はもうどうしようもないので、他の部分で参考にできる部分を探すことに。

すると、自己紹介がびっしり書かれているんですよね〜。
その自己紹介の内容も、趣味・休日にしていること・性格・恋愛観・仕事について

これらの項目を必ず書いているようです。
プロフィール写真も3枚以上は登録している人がほとんどで、私も自己紹介と写真で勝負してみました。

趣味・休日・性格・恋愛観・仕事に関して、詳細に書いていくのですが、自分の好きなタイプと言うのも書いてアピールしてみる。
という対策をしてみました。

恋活体験
・自己紹介をしっかりと書く
・プロフ写真を3枚以上アップロード
こんな感じで、マッチングが増えたということですね。

マッチングする3つのアプローチの方法

マッチングする3つのアプローチの方法

大きく分けて3種類の方法でアプローチしてみました。

1つ目は相手の話をよく聞くこと。
話術が乏しい私は、とにかく相手の趣味や仕事、休日にしていることに関して聞いてみることに。話をするのが得意でも、相手の話を聞いていれば、興味を持っていることが伝わると思ったので。

2つ目はログイン時間が最近の人を狙う。
あまりログインしていない人と言うのは、既に他の人とマッチングしていて、いいお相手が見つかっている可能性が高いです。
しかし、何度もログインしている人と言うのは、Omiaiで出会いを一生懸命探しているということになるので、いいね!をすると反応が返ってくる可能性が上がりました。

3つ目は機能をフル活用
Omiaiには「スペシャルいいね!」という機能があります。
いいね!すると同時に、メッセージを140字以内で送ることができます。

本来なら、マッチングしてから初めてメッセージのやり取りをすることができるのですが、いいね!と同時に送ることができるので、相手に本気度が伝わりやすくなります。

恋愛したい
この3つの教えは、めっちゃ大事ですね!

ネット婚活なら簡単に出会える

ネット婚活なら簡単に出会える

彼氏が欲しい・彼女がほしい、と思っていても中々行動に移せない、勇気がない・恥ずかしいと感じている方は多いでしょう。

しかし、ネット婚活であれば「匿名性」が高いため、奥手のあなたでも積極的になれるチャンスです。積極的にアプローチできれば、誰もが恋愛を望んでいる「恋活アプリ」なら、すぐに恋人が出来るでしょう。

いままで利用しなかった事を後悔するほど、あっけなく簡単に彼氏彼女ができてしまう人が続出