婚活サイトのメール(LINEメッセージ)は自分ペースでOK

婚活サイトのメール(LINEメッセージ)は自分ペースでOK

婚活アプリ・婚活サイトでのメール交換になると、あともう一息で初回デートになるという、重要な局面を迎える事になります。
お相手とサイトを介さずに、ダイレクトにやり取りすることができる嬉しさと、メールのやり取りで嫌われないだろうか、という不安の入り混じった難しい心理状況になるのではないでしょうか。
ここでは、「メール」という言葉を使っていますが、最近はメールを使う人は少なくなっているように思います。
LINEやTwitter、Facebookなどのソーシャルアカウントを利用した、無料のメッセージアプリでやり取りすることが多いですよね。まぁ、「メール」と「メッセージ」は同じ意味だと思って、読み進めて頂ければ幸いです。
メール = メッセージ

見出し
最初のメールは慎重に礼儀正しく
メールの頻度はわざとゆっくり返信する
メールの返信が遅い場合は気持ちを切り替える
メールの話題は相手の興味に合わせる
メールは1ヶ月を目処に次のステップへ進む
最初のメールは慎重に礼儀正しく
婚活アプリ・婚活サイトの掲示板などで、少しは意思疎通があるものの、直接のメールははじめてなので、改めて自己紹介からスタートするのが正しいやり方だと思います。
あまりかしこまる必要がないでしょうが、誠実さを演出する場合は、ちょっと硬めの態度が好まれるようです。

「改めまして、◯◯と申します。
ブライダルネットで連絡先交換した者です。
これから、色々とお話したいですね。よろしくお願いいたします。」
あまり四角四面な敬語もどうかと思いますが、丁寧に接するのは基本ですよね。
メール交換の回数を進めていくにあたり、徐々に打ち砕けていくと良いと思います。最初は丁寧に。

メールの頻度はわざとゆっくり返信する
男女共に、最初のメール交換は少し緊張気味で、ワクワクした嬉しさと期待感から、テンションが上がっている状態です。
そうなると、早く返事が欲しい。早く返事をする。っとなりがちですが、気持ちを抑えて、最初はわざとゆっくり返信するぐらいが、ちょうどよいのではないでしょうか。
曜日や仕事の状況、話の内容にもよりますが、相手のペースに合わせつつ、ゆっくりとスタートするのが良いでしょう。
ただし、ゆっくりと言っても、中日が1日以上空いてしまうのは、ちょっと間が抜けた感じになってしまいます。
「あれ? あまり興味ないのかな? 期待薄かな?」
と感じさせてしまい、期待の出来ない出会いだと感じると、すぐに他の人を探し始めてしまうかもしれません。
メール頻度はゆっくりとが基本ですが、マヌケなほどゆっくりすると、逆効果です。
また毎度毎度、リアルタイムで即返信するような感じが続くと、お相手は急かされているような気がするかもしれません。
会話を楽しむために返信しているのは分かりますが、お相手が返してこなくなったら、返信してくるまで、じっくり待つことにしましょう。
返事がないことにしびれを切らして、立て続けにメッセージを送ることは、関係を壊してしまう事にもなりかねません。
もしペースがつかめないようならば、このメール頻度、メールペースで大丈夫ですか?っと、お相手に率直な質問を投げかけ、ペース配分について価値観を共有しておくと、その後のメール頻度が楽になります。

メールの返信が遅い場合は気持ちを切り替える
お相手からのメール返信が遅い場合、待っているこちらの身としては、やきもきとしてしまい、焦った気持ちなりがちです。
そんなときこそ、焦らずに大きな気持で、じっくりと返事を待つ事を心がけてみましょう。
とは言え、今までのメール頻度よりも明らかにペースが落ちた時。中一日以上の時間が空いても、返事がない時。そんな時は、「返事が遅い」事、それ自体が返事だと思ってよいのではないでしょうか?
つまり、あまり今後の見込みが期待できないということを意味しています。
関係を切るまでのはっきりした状況ではないすが、次の人を探すことを検討するか、もうすぐに行動に移すほうが精神安定上よいでしょう。

メールの話題は相手の興味に合わせる
メールをしはじめて、お互いに慣れてくると、どうしても自分の得意なはなし、主張したいことを多く書きたくなるものです。
しかし、そこは恋愛関係を育むばであり、リアルデートになる以前に関係を壊してしまっては、元も子もありません。
お相手の興味をベースして、あくまでもシンプルな質問ベースで会話を閉じるのが良いでしょう。文章量は多くないほうが良いです。
しかし逆に、1回のメールに複数の質問があると、質問が多すぎる、鬱陶しいと感じさせてしまいます。
1回のメールでは、質問1回が原則。
質問攻めにして、相手をうんざりさせると、メール交換が終わりを告げてしまいます。

メールは1ヶ月を目処に次のステップへ進む
仕事が忙しく、本当にメールが出来ない人がいるのは事実です。でも、お互いに時間軸の価値観が合わなければ、あまりに忙しすぎてメールすら返信出来ないのであれば、デートすら出来ないのは、容易に想像がつきます。
自分のペースと同じで、苦痛ではないのであれば問題ありませんが、苦痛を感じる時間の差異があれば、その人にこだわらず、さっさと次の人を探すほうが良いと思います。後から、同じ問題が絶対に表面化しますから。
そして、メール交換をスタートして、1ヶ月ぐらいを目処に次のステップへ進むことを考えるべきでしょう。
女性としては当然、次のステップがいつ頃くるのだろうか?っと、待っているわけです。
つまり、男性側が積極的に次のステップの機会を作るようにしましょう。
男性側が言い出せない小心者の場合は、女性がリードしても、全く問題ありません。
「メール交換して、ちょうど1ヶ月ほど経過しました。そろそろ、会って話をしてみたいのですが、いかがですか?」
という軽い感じで相手に打診するのが良いでしょう。
はっきりNGだと分かれば、それは問題ありません。次の人を探すだけです。
しかし、何となくすっきりしない答えが返ってくることもあります。
「もう少し、会うのは先にしたいです」
という感じです。
「もう少し」とは、1週間なのか、1ヶ月なのか、相手のペースが全く見えません。
あなたが我慢強い方であれば、2週間後ぐらいに再度お誘いしてみます。しかし、この時が最後通告。
誘いに乗ってこないのであれば、NG回答だと判断して、この出会いは無かったものと切り捨てるのが良いでしょう。いつまでも、やきもきと気持ちが整理できないことが、婚活にとって一番最悪なことです。

ネット婚活なら簡単に出会える

ネット婚活なら簡単に出会える

彼氏が欲しい・彼女がほしい、と思っていても中々行動に移せない、勇気がない・恥ずかしいと感じている方は多いでしょう。

しかし、ネット婚活であれば「匿名性」が高いため、奥手のあなたでも積極的になれるチャンスです。積極的にアプローチできれば、誰もが恋愛を望んでいる「恋活アプリ」なら、すぐに恋人が出来るでしょう。

いままで利用しなかった事を後悔するほど、あっけなく簡単に彼氏彼女ができてしまう人が続出