恋活アプリGO!ネット恋活は人気沸騰中! > 恋活アプリ > ネット婚活は恥ずかしくない!結婚出来ないほうが恥ずかしい!

ネット婚活は恥ずかしくない!結婚出来ないほうが恥ずかしい!


婚活に一生懸命時間を投資して、本当に結婚出来るのだろうか?
出会いのない方は、みな同じように婚活に対して不安を抱くという方が多いように思います。しかし、実生活(職場や趣味のサークルなど)の中で異性との出会いがない場合、そのまま待っていても結婚することは難しいだろうと、誰でも容易に近い未来を見通す事ができます。

そこで出会いのない未来を大きく変える力を持つのが、婚活になります。婚活と言っても、①結婚相談所、②婚活アプリ・婚活サイト、③婚活パーティーと、大きく分けて3つの種類があります。

どの婚活サービスを利用しても結婚のチャンスはありますが、一番コストが安く、短時間で効果の良いという観点から「婚活アプリ・婚活サイト」での出会いが結婚に結びつくのかを一緒にみていきます。

見出し
婚活アプリ・婚活サイトは「恋愛結婚」のためにある
恋愛結婚のきっかけ・理由は「ネット婚活」
結婚までの「婚活期間」は最長で1年を目安にする
遠距離婚活は「結婚可能」か不安になる
私の「遠距離婚活」成功体験談
婚活して「離婚や後悔」などの不安はある?
婚活アプリ・婚活サイトは「恋愛結婚」のためにある
婚活アプリ・婚活サイトは「恋愛結婚」のためにある

日常生活の男性との接点は、飲み会や合コン、友人からの異性紹介などがあり、男性との出会いの接点が定期的に存在する女性は、時期が来ればふさわしい男性と出会い、結婚までの道筋を順調に進む事になるでしょう。

しかし、日常生活で出会いがない、特に職場やその周辺で出会いがない場合は、恋愛結婚という意味では致命的です。自ら積極的に出会う場に出向いていかなければ、そもそも男性と接するチャンスさえ存在しません。

これでは、いくらあなたが素晴らしい女性であっても、男性との接点がないのですから、恋愛や結婚などは縁遠い存在です。こういう人が実に沢山います。あなただけでは、ありません。

まさにこういう時こそ、婚活サービスを利用するチャンスです。

婚活パーティーは比較的参加しやすいですが、1回あたりの参加者の数が少なく、結婚への意識が低い人(遊ぶ人を探しているや、彼女がいるのにパーティーに参加)が参加している可能性が高いことから、結婚相談所または大手企業が運営している婚活アプリ・婚活サイトをおすすめします。

結婚相談所は料金が約30万円と高額なので、(20代女性は半額キャンペーンなどがあります)最初は躊躇してしまうでしょう。そうなると、スグにスタートできる&料金が安いということで、婚活アプリ・婚活サイトがイチオシです。

合コンも良いですが、合コンを数こなして合コン慣れし、遊び人の男性とお付き合いすることになる無駄を考えると、婚活アプリ・婚活サイトで真面目で誠実な男性を探すほうが、よっぽど賢いといえます。

恋愛結婚のきっかけ・理由は「ネット婚活」
恋愛結婚のきっかけ・理由は「ネット婚活」

結婚するには、自然恋愛で交際を重ね、恋愛結婚がゴールとなることが理想とする女性が多く存在します。しかし、自然恋愛の出会いがないのであれば、婚活するほかありません。

結婚するきっかけの理由として、ネット婚活ということを、親や友人・知人に知られると恥ずかしいと感じる方はまだ多くいるようです。

異性獲得能力つまり、本人の魅力がないから自然な出会いがないため、ネット婚活に頼って結婚した、という理解をする人がいるため、恥ずかしいと感じるのでしょう。

しかし、ネット婚活は今や当たり前のことですし、婚活アプリ・婚活サイトの累計会員数最大のペアーズでは、すでに500万人が登録しています。

本人の魅力がないからネット婚活に頼っているのではなく、時間の使い方が多様化していて、その人の日常時間の範囲内では出会う時間がないため、婚活サービスを使って出会うという解釈が、正しいのではないでしょうか。

いずれにしても、結婚するきっかけや理由が、「ネット婚活」というのは「恥ずかしい」理由にはならない時代です。堂々と婚活すればよいでしょう。

一番あなたが困るのは、恥ずかしい思いをすることよりも、結婚相手と出会えないことです。第三者にどう思われようと、あなたが幸せであれば、何ら恥じることはありません。

また、自分の親や、友人・知人にもネット婚活がきっかけで知り合い、仲良くなったので結婚まで決断したと、堂々と言えば良いでしょう。

結婚までの「婚活期間」は最長で1年を目安にする
結婚までの「婚活期間」は最長で1年を目安にする

自然恋愛の場合、政府の統計データによりと交際から結婚までは、約4年間という実績数があります。

では、婚活サービスにおいて、結婚までの期間というのはどの程度なのでしょうか?
例えば結婚相談所であれば、各社結婚相談所は1年以内の成婚退会を謳い文句にして宣伝していますし、私自身が結婚相談所を利用していたときも、1年での成婚が目安でした。

また婚活アプリ・婚活サイトでは、無料登録して3ヶ月から半年ほどでお相手を見け、半年ぐらいお付き合いを重ね、結婚を決意する。

このような感じが一般的な婚活期間だと思います。もちろん、個人差がありますので、もっと早い方もいるでしょうし、もっと時間が必要な方もいるでしょう。

・登録〜6ヶ月:お相手を見つける
・7ヶ月〜1年:交際を継続し、結婚を決意
・1年〜1.5年:結婚準備して、披露宴
・1.5年〜2.5年:出産
おおむねこんなタイムスケジュールになるのではないでしょうか。子供を授かるまでには、婚活アプリ・婚活サイトへ登録してから、約2年必要だということになります。ご自分の年齢から逆算すると、だいたいイメージが湧くのではないでしょうか。

婚活サービスを利用して出会った場合は、自然恋愛と比較して、結婚までの期間は短くなると言えます。なぜならば、お互いに結婚願望が高いですし、話しが進むのが早い、ということになります。

高額だけど第三者がしっかりと面倒を見てくれるサービス内容の「結婚相談所」を利用するのか、手軽に自分で婚活アプリ・婚活サイト内の出会いを探すのかは、各自の状況により選ぶサービスが違ってきます。

私個人的な意見としては、婚活サービスは会員数が多いので、婚活では絶対ハズせないサービスだと感じています。

この体験者の方は、わずか2週間の婚活でお相手を見つけて、結婚したという超スピード婚活の成功事例です。

・参考:体験談:看護師34歳シングルマザーの再婚は婚活アプリ「ペアーズ」だった

遠距離婚活は「結婚可能」か不安になる
遠距離婚活は「結婚可能」か不安になる

婚活していると、遠距離の人とご縁があり、遠距離恋愛として交際がスタートして、その距離の遠さを時間が経過するほどに多く感じて、結婚できるのか不安になるのは誰もあるようです。

最初は「まぁ、何とか大丈夫な距離だろう」と高をくくっていても、交際が複数回になると、距離の遠さをしみじみと実感するようになるはずです。1回〜2回ならば苦痛にならない距離でも、10回も行き来するとなると、苦痛を感じることが多くなります。

では、遠距離婚活での結婚は難しいという判断をして、諦めるべきなのでしょうか?
私見ですが、お互いを思う気持ちが本物であれば、遠距離婚活でだったとしても、無事結婚までたどり着くカップルは多くいます。

親や友人に相談すると、遠距離故に心理的・肉体的・経済的な負担を心配して、反対されることが多いでしょう。しかし、それもお互いの結婚本気度を試されていると思えば、乗り切れるはずです。

結婚相談所のアドバイザーに聞いたことがある話しですが、遠距離カップルは割りと多く、今の時代はSkypeやLINE電話があるので、リアルに対面で会わなくても、コミュニケーションを欠かさず取り合うことで、スムースに結婚まで到達する、ということです。

私の「遠距離婚活」成功体験談
私のつたない体験ですが、ちょっとお付き合いください。

遠距離と言える距離なのかどうかは微妙なのですが、私の彼女は都内に住んでいます。私は地方住まいで、都内からは新幹線を利用してドアツードアで2.5時間〜3時間ぐらいの距離です。

最初は彼女に対して、結婚の際、私のエリアに来て欲しいという前提で話をしていましたが、色々考えてみると私が都内に引っ越す事になりました。

一番の利点は、私の仕事が自営業であり、場所を選ばないので、どこへ行っても仕事ができる点です。また、仕事の情報や勉強会は、東京で主催されることが多く、私としては都内のほうが便利なのです。

生まれてからずっと地元だったため、地元愛が強く、一生を生まれた地で生活する覚悟でしたが、婚活を転機に考え方を変えてみることできました。地元にこだわる必要は、ないかもしれないな、と。

彼女の心のなかでは、地方に住むことを覚悟していたようですが、私が東京へ移動する決断をしたことで、大喜びしていました。

このように、男性側が女性の住んでいるエリアへ、思い切って引っ越すという選択肢もある、という事を知っておいて下さい。遠距離婚活をきっかけとして、いままでの「こだわり」を考え直す良い機会になるかもしれません。

婚活して「離婚や後悔」などの不安はある?
婚活して「離婚や後悔」などの不安はある?

ネット婚活で出会うと、離婚し易いとか、後悔するなどは特に関連がないことでしょう。自然恋愛でも、離婚や後悔する時はありますし、ネット婚活独自の事ではありません。

離婚率については、政府の統計データがありますので、参考にして下さい。

参考:婚活アプリ・婚活サイトの「離婚率」は高いの?政府データを元に徹底解説
また、婚活の公開に関して言えば、早く婚活をスタートするべきだったという「後悔」は多いですが、焦って婚活して後悔しているという口コミは見たことがありません。

「行動して失敗」したことよりも、「行動しなかった後悔」のほうが、心理的負担が大きく、後まで長くその悪影響を引きずる傾向があるので、とにかく早く婚活をスタートさせることが、後悔しないコツです。