恋活アプリGO!ネット恋活は人気沸騰中! > 恋活アプリ > 婚活で出会った相手への違和感を解消する3つのチェックリスト

婚活で出会った相手への違和感を解消する3つのチェックリスト


婚活で一対一のメッセージや、デートなど実際に出会った相手に違和感を感じることは少なくないようです。そんな場合、どのような違和感があり、どう考えて対応すればよいのかのチェックリストを公開します。

既に婚活へ取り組んでいる方はもちろん、これから婚活を始めようとする方にも、役立つ内容をなっていますので、ぜひ3つのチェックリストを一読して下さい。

違和感というのは、単にマッチングの問題だけではなく、あなたの勝手な思い込みが違和感を生み出している可能性もあると考えましょう。

婚活で出会いを成功させるために、違和感について事前にシュミレーションしておくと対象方法が分かり、悩まずに前に進むことが出来ると思います。

婚活相手とテキストや電話、対面で会話していると、違和感を感じることがあるのは誰でも経験することです。問題は、その違和感が許容出来る範囲なのかあるいは、全く生理的に受け付けられない違和感なのか、という違いです。

世の中に完璧な人間がいないのは、言う間も出ないことですが、違和感が全く無い人間関係は皆無と言って良いでしょう。ですから、違和感があるのは当然という前提で、その違和感があなたの価値観と共存出来るのか否か、という判断をすることになると思います。

全く形の見えない違和感という感覚を、分かりやすく捉える(とらえる)ためには、以下の3つのチェックリストが助けになるでしょう。順番に解説します。

①気遣いがあるか
①気遣いがあるか

違和感を感じたとしても、人として正しい行動をしているのか、ということをがチェックポイントの第一項目になります。

婚活相手は、あなたに対して適度な気遣いがあるでしょうか?
あなたの立場でものを考えてくれたり、あなたへ質問して話しを聞いてくれたり、優しさや思いやりを示してくれているでしょうか。

②質問に誠実に回答しているか
②質問に誠実に回答しているか

第二番目が初期段階では、非常に重要だと思います。質問に対して、誠実に回答しているのか、ということです。

あなたの質問をいい加減に捉えたり、質問と違った答えを話したりしている、話しをはぐらかそうとしている、等の場合は要注意です。

質問の答えに違和感を感じても、相手は一生懸命に誠実に回答した結果なのかもしれません。その場合は、答えやすい質問に言い換えたり、あなた側の努力も必要となってきます。

いわゆる、単なる誤解という可能性です。

そうではなく、意図して質問に正面から答えない場合、あなたの違和感は正しく「警戒」のアラートを鳴らしているのかもしれません。

「この相手は、パートナーにふさわしくない人だ」と。

同時に、あなた自身も相手の質問に正面から、しっかりと答える必要があるでしょう。質問の答えは、本当に相手が疑問に思っている内容なのか、という事です。

③無理強いしないか
③無理強いしないか

優しくリードしてくれるのと、強引に無理強いするのは、全く別物です。

前者はあなたの立場を尊重しつつ、おもてなしの心で導いてくれていと言えます。それに対して、後者の無理強いは、自分勝手な誘導とも言えます。

あなたの立場を全く考えず、自分の身勝手な要求を飲ませようとしています。

ちょっとした違和感を感じ、相手に無理強いされていると感じたら、すぐに「ノー」というサインを相手に伝えましょう。

話をする時間や、待ち合わせの場所・時間、デートの行き先など、あなたの意図しない方向に話しが行きそうになったら、拒否する勇気を持つことが大事です。

女性の場合、とかく相手の要求を善意に解釈し、強く拒否をすることから摩擦を生むのを嫌いますが、自分のみを守るためにもなりますので、しっかりと拒否の意思表示をすることは大事です。

無理強いされたと感じたら、しっかり拒否しましょう。

メッセージだけで判断しようとしない
メッセージだけで判断しようとしない

判断材料として、メッセージのやりとりはとても重要ですが、メッセージだけで人柄を判断してしまうのは、もったいないと言えます。

もしかすると、相手は文字伝達のコミュニケーションが不得意で、対面でのリアルタイムコミュニケーションが得意な方なのかもしれません。

女性はとかくメッセージでちょっとでも違和感を感じると、相手を切り捨ててしまう傾向があるようですが、次の方法を試してみて下さい。

メッセージは2週間以内
まずはメッセージの交流を2週間継続することを、目標にすると良いでしょう。

ただし、メッセージの相手が3人以上と多くなり、誰が誰だか分からなくなってしまいそうな場合は、スピード勝負で相手の可否を判断する必要があります。

その場合は、メッセージの違和感を頼りに、どんどん切り捨てることが有効です。同時進行する相手の数によって、2週間継続メッセージは役に立たなくなりますので、ご注意下さい。

繰り返しますが、同時進行する相手が3人以下の場合は、多少の違和感があったとしても、2週間は継続してコミュニケーションをし、それからデート可否の判断としましょう。

会ってみると雰囲気が分かる
会ってみると雰囲気が分かる

当たり前のことですが、実際に会ってみる、デートしてみることで相手の雰囲気や人物が分かります。

もしプロフィール段階で生理的にNGでなければ、早い段階で一度会ってみることを強くおすすめします。女いせの場合は早く会う事に抵抗があるかもしれませんが、だらだらと1ヶ月以上もメッセージを継続しても手、会ってみてNGだと、それまで積み上げた時間が無駄になります。

メッセージがスタートしてから、1週間〜2週間程度で、一度会ってみると婚活自体のスピードがアップするのでおすすめです。

違和感は一発でアウトではない
婚活での違和感は、即アウトのサインではありません。ちょっとした違和感を感じても、単なる勘違いということもあります。

自分の直感や違和感を信じることは大事ですが、違和感を感じて一発でアウトとなり、相手との関係を切り捨てることの無いよう、立ち止まって考えてみることも必要です。

婚活では、選ぶ側にいるのと同時に、選ばれる側にもなっていることを忘れず、違和感を感じたら自分に問いかけてみると良いでしょう。

婚活相手への違和感に関するまとめ
婚活相手への違和感に関するまとめ

婚活やネット婚活で相手に感じる違和感は、自分の直感から発せられるため、理屈抜きに正しいことが多いこともありますが、違和感を感じたから即NGというのは非常にもったいないです。

写真だけや、メッセージだけで判断せずに、相手に会ってみることを目的として婚活し、会った結果NGであればお断りすると良いのではないでしょうか。

実際に会ってみて、自分の目で確かめる。

これ以上、確実な判断材料は存在しないというのが、婚活を数多く経験してきた管理者の実感です。もちろん、誰と会うべきかは、慎重に考えたほうが良いでしょう。

片っ端から会うことは、時間や経済的な面から不可能でしょうし、無駄が多すぎます。とは言え、プロフィール情報の段階で吟味しすぎても、会う絶対数が少なくなり、婚活が前に進みません。

最低限の「誠実さ」「やさしさ」「おもいやり」など、人として信頼できるかどうかという基本的なことが、とても大事になってくるのではないでしょうか。

違和感を解消する3つのチェックリストを活用し、会う人数を増やしてみて下さい。婚活がどんどん前に進むのを実感することが出来るでしょう。