人気のおすすめ恋活アプリを徹底比較

恋活アプリGO!ネット恋活は人気沸騰中!

人気のおすすめ恋活アプリを徹底比較

人気のおすすめ恋活アプリを徹底比較

■無料登録後は年齢確認が必須運転免許証又は健康保険証の写真をアプリ内でアップロード

大手企業の運営だから安心

恋活アプリ比較 累計会員数 女性 男性
ペアーズ 1,000万人 無料 3,980円/月
Omiai 600万人 無料 3,980円/月
with 230万人 無料 2,800円/月

ペアーズ

オススメ
★★★★★
価格 ・女性無料・男性3,980円/月
特徴 ・累計会員数1,000万人と圧倒的多数・年齢層は20代前半が多い・地方でも会員数が多く出会える※登録必須と言える大手恋活アプリ
デメリット ・入会基準が甘く、不審ユーザーの存在・料金体系が複雑で面倒・男性は有料課金が必須

恋愛経験少ない方へ複数アプリへの登録で、出会える確率が30%もアップ!

Omiai〜オミアイ〜

オススメ
★★★★☆
価格 ・女性10代〜20代無料・女性30代以上3,980円/月・男性3,980円/月
特徴 ・累計会員数600万人と第2位の多さ・恋人探し、結婚本気度の高い会員が多い・年齢20代半ば〜30代と大人の年代・女性運営率90%で安心度が高い
デメリット ・入会時のチェックが厳しい・写真公開の審査が厳しい・オプション料金が複雑で分かりにくい

恋愛経験少ない方へ複数アプリへの登録で、出会える確率が30%もアップ!

with(ウィズ)

オススメ
★★★★☆
価格 ・女性無料・男性2,800円/月
特徴 ・活動会員数230万人・メンタリストDaigoの監修&価値観マッチング・性格診断と心理学&統計学で運命の出会いがわかる・真面目な出会いを求めている会員が多い
デメリット ・facebook友達10人以上が必要・男性は有料課金が必須・性格診断の回答が面倒

恋愛経験少ない方へ複数アプリへの登録で、出会える確率が30%もアップ!

恋活アプリへ登録するきっかけ

恋活アプリへ登録するきっかけ

彼氏が欲しい、彼女がほしいと真剣に悩んでいる方は多いでしょう。恋人がいない10代〜30代の男女では、男性が7割、女性は6割が交際相手なしと回答しています。
(出生動向調査2015年:国立社会保障・人口研究所)

つまり、交際相手がいない男女が非常に多く、その中でも恋人がほしいと思っている人は大多数です。常日頃、出会いがないからこそ恋人がないと悩んでいる訳なので、まずは異性との接触回数を増やすことが肝心です。

でも、どうやって異性との接触回数を増やせばいいの?
という疑問が湧いてきます。

常日頃から異性との接触回数が少ないからこそ、恋人がいないのに、いきなり異性との接触回数を増やせと言われても、出来るものではありません。

例えば、合コンに誘ってくれる人がいないのに、異性との接触回数を増やそうと自分が思っただけでは、合コンに誘ってくれる人がいきなり現れるわけではありません。

きっかけは周囲の友達

きっかけは周囲の友達

恋人がほしいと感じるきっかけの多くは、周囲の友達に恋人ができて、楽しい日常を手に入れている姿を見て、うらやましいと感じつことが多いようです。

いつも一緒に遊び、一緒に行動していた友達が、ある日から恋人モード一色。あなたと一緒にいる時間が少なくなり、いつも恋人と一緒にいる姿を見て、うらやましく感じるものです。

友達の恋人に触発されて、恋人がほしいと感じるきっかけになるのではないでしょうか。でも、恋人がほしいと思っても、簡単に出来るわけではないし、どうすれば良いのでしょうか?

ネット恋活を使えば誰でも恋人ができる

ネット恋活を使えば誰でも恋人ができる

異性との接触回数を即座にかつ、簡単に増やす方法がネット恋活です。インターネットを利用した異性とのマッチングアプリを使い、異性との接触回数を簡単に大きく増やすことが可能だからです。

恋活アプリに登録するだけで、すぐに最大200万人のユーザープロフィールへアプローチすることが可能になるのは、すごいことだと思いませんか?

日常生活で、恋人がほしい異性と出会うのに、どれだけアプローチを繰り返せばたどり着けるでしょう。しかも、相当な勇気と根気が必要です。

恋人を探している異性が沢山いる

恋活アプリならば、異性の側も真剣に恋人が欲しいと思って登録しているため、アプローチを待っているまたは、積極的にアプローチしている人です。

つまり、釣りで言えば「入れ食い」状態です。入れ食いとは、竿を一振りすれば、すぐに魚が釣れるという意味です。

恋活アプリに言い直すと、アプリに登録してアプローチすれば、すぐに恋人候補者が沢山できて、あなたの理想とするお相手と出会い、デートし、交際することが可能です。

もちろん、相手の好みもあるため、双方向のマッチングが必要となりますが、異性が200万人もいれば出会う可能性が非常に高いことは、誰でもわかります。

恋活アプリに登録しないと損をする

恋活アプリに登録しないと損をする

本気で恋愛したいと渇望しているなら、異性との接触回数を大きく増やす事が大事なのは、理解できたと思います。

そのためにはネット恋活が簡単でしかも、恋活アプリでは恋人と出会いたい男女が、1社最大200万人ずつ登録していて、すぐにでも恋人がほしいため、日々出会いを探しています。

つまり、恋人がほしいならまずは恋活アプリに登録しないと、損している訳です。既に多くの登録者がいて、非常に簡単に出会っている現実を見ると、損しています。

驚き!こんな簡単に出会える!

驚き!こんな簡単に出会える!

例えば1ヶ月間、恋活アプリを利用すると、想像していたよりも簡単に出会う事ができ、驚くことになるでしょう。

ネットでの出会いはリスクが高いとか、不安とかであなたが行動を躊躇している内に、他の人はどんどん複数アプリに登録し、出会いの機会を増やしています。

単純な事ですが、出会うためには、異性との接触回数を増やすだけです。もし、安全・安心面で心配があるとすれば、それは見当違いの過分な心配というものです。

もしかすると、あなた自身が行動しない言い訳として、心配や不安を、自分に言い聞かせて「行動しないことを正当化している」だけなのかもしれません。

行動しなければ、結果は何も変わりません。

同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という。
(アインシュタイン)

恋活アプリの運営会社は大手企業なので安心

恋活アプリの運営会社は大手企業なので安心

恋活アプリは、出会い系サイト(アプリ)と混同する方がいますが、全く別物です。基本的に女性は登録無料で、男性は月額固定料金となっていて、出会うためには別料金は不要。

また、運営会社は大手企業なので、安心度や安全度は非常に高く、個人情報が売買され経済的なリスクになる可能性はありません。

例えば、恋活アプリの御三家を事例にしてみます。

ペアーズ運営会社は「エウレカ」。米マッチ・ドットコム率いるIACグループ会社です。また、Omiaiアプリや、withアプリの運営会社は、どちらも上場企業

株式を公開し、株主の厳しい目で見られている企業なので、上場企業のブランド力はあなたが感じる通りの安心感です。

恋活アプリは最強の異性マッチング環境

恋活アプリは最強の異性マッチング環境

恋活アプリは婚活サイトと違い、カジュアルな出会い、真剣な恋人との出会いが目的のため、ユーザー数が多く、証明書の提出も必要ありません。

出会い系規制法による「年齢確認」で、18歳以上を証明する、運転免許証(または健康保険証)の写真アップロードのみ。

しかも、登録は無料のため、誰でも簡単にはじめられるのが特徴です。さらに、ユーザー数が1社最大200万人以上と非常に多いため、マッチング率が低くても、その膨大な人数を強みにして、誰でも簡単に出会えることがメリット

つまり、今スグはじめないと、毎日大きな機会損失をしていると言っても、過言ではありません。

マッチングという観点からネット恋活の大きな特徴は、匿名性です。facebookアカウントで登録し、本人確認を済ませているため、不審ユーザーが入り込みにくく、しかも匿名なので日常よりも積極的に異性にアプローチすることができます。

恋愛経験が少ないと、対面で異性に話しかける、アプローチするのは恥ずかしいという感情から行動が抑制されてしまいますが、ネット恋活であれば、匿名なので積極的にアプローチできます。

その匿名性が、すぐ簡単に出会えるという、マッチングを生み出しています。また恋活アプリは、アプリごとに特徴があるため、複数のアプリを同時に利用するのが、セオリー。

1社だけではなく、複数アプリに登録し、それぞれの特徴を体験しながら、あなたにマッチする恋人を探し出しましょう。

ペアーズ

オススメ
★★★★★
価格 ・女性無料・男性3,980円/月
特徴 ・累計会員数600万人と圧倒的多数・年齢層は20代前半が多い・地方でも会員数が多く出会える※登録必須と言える大手恋活アプリ
デメリット ・入会基準が甘く、不審ユーザーの存在・料金体系が複雑で面倒・男性は有料課金が必須